谷の神石(たにのかみいし)
谷の神石
 東浦の谷家(たにけ)の浦にある自然石の墓石。
 谷家では、古くから山本大明神として奉っていましたが、誰の墓石なのかは全く分かりませんでした。誰の墓なのかを調べるために祈祷師が占ったところ、墓の中から屋島の合戦で最期をとげた平家の若侍の霊が出てきました。その侍が「谷、谷」と言ったため、谷という名の侍の墓であることが分かりました。この墓石は、一般の人々の信仰対象としても知られており、特に目の病気に霊験があると言われています。